セルコホーム Good Quality Good Price Good Desing

spメニューオープン

セルコホーム Good Quality Good Price Good Desing

C加盟店をご検討の方はこちらから、差別化した商品力で、棟数・受注単価UPしませんか?

C加盟店をご検討の方はこちらから、差別化した商品力で、棟数・受注単価UPしませんか?

セミナー・イベント予約はこちら

資料請求はこちら

お知らせ

お知らせ

ツーバイフォー工法は難しい・・・?

良くある話なのですが、お客様で

『ツーバイフォーは将来リフォームしづらい』

 

『ツーバイフォーは間取りに自由が無い』

『ツーバイフォーは広い部屋が確保できない』

という方がいらっしゃいます。

おそらくインターネットで調べられたか、

ツーバイ以外の住宅営業マンに教えられ

たかかと思います。

こちらに関しては誤解もありますので、

その誤解を解いていきたいと思います。

まず

1、リフォームがしづらい

という点に関しては誤解です!

厳格なルールに従って建築されている

のがツーバイフォー住宅になります。

既に建築されている住宅であれば、

そのルールに従って建築されており、

図面を見ればどこにどの部材が仕様

されているか分かるので、実際に蓋を

開けてみてから『うわ~』という事が

ありません。

耐力壁という壁で家を造っていきますので

その耐力壁のルールさえクリアすれば

何も問題無くリフォームは出来ます。

2、間取りに自由が無い

これは正直何とも言えない問題です。

先ほども申し上げました通り、耐力壁の

問題が出てきます。

間仕切り壁(部屋を区切る為だけの壁)とは

違って耐力壁は構造的に決められている

壁の為、そのルールを無視して間取りを

作成する事は出来ません。

人によっては間取りに不自由さを感じる

かもしれませんね。

3、広い部屋が確保できない

これは感じ方によります(笑)

ルール上40㎡までの空間はとれます。

40㎡というと約24畳です。

24畳を広いと感じるか、狭いと感じるかは

人それぞれかと思います。

単純に広さだけではなく、部屋の形でも

感じ方は変わりますので。

実際に日本の住宅メーカーや工務店の

約9割がツーバイフォー工法未経験です。

弊社のBP加盟店さんでも在来(軸組)工法

しか経験が無かった会社もあります。

ただ、セルコホーム自体が在来工法から

ツーバイフォー工法へ転換した会社に

なりますので、そこのノウハウは多く

持っており加盟店さんへ落とし込む事が

可能です!

今ならファストビルドシステム(FBS)の

導入が基本になっておりますので、職人の

派遣支援等も可能です。

一般的な在来工法の職人(大工)ですと

一人前になるまでに最低5年はかかると

言われておりますが、ツーバイフォー工法

であれば最短1年で育成が可能!

これからの職人不足や働き方改革にも

もってこいの工法になります。

FBS特設ページもありますので

是非ともご確認下さい↓

ファストビルドシステム(FBS)特設HP

記事一覧に戻る

セミナー・イベント情報

パートナー企業募集説明会
全国モデルハウス展示場
イベント情報
その他
*/?>

HOME

PAGE TOP